背骨のユガミ

いつも、練馬区関町や上石神井、石神井台、南大泉や立野町、東伏見、新座市などから、頭痛・腰痛・肩こりなど、お体のご相談ありがとうございます。

今日は背骨のユガミについて多くご質問をお受けました。

なかでも、「ユガミって、とっても良いものなの?」

このご質問は面白い(?)視点だなぁと思いました。

職業病なのか、どうも自分も「ユガミ」という言葉を安易に使い過ぎている、そんな気持ちになりましたね。

まず、僕らリハビリを担当するお仕事の専門家(整骨師や理学療法士、マッサージ師、カイロプラクターなど)のいう「ユガミ」は、「変形」した骨や、骨格として形成されている「ありのままの不整合な形」を指していません。

また、「ユガミ」を「矯正」する、とういう表現も多く用いられますが、これも「形を変える」という意味ではありません。

よく、「そんなことをしたら危ないのでは?」と思う方のご意見を耳にしますが、そもそもが誤解なのです。

ちなみに、「矯正」に、俗にいう「バキバキ」が必要なわけでもありません。
バキバキのイメージが強めのカイロプラクターさんの中にさえも、やらない方も大勢いらっしゃいます。

僕も必要に応じてやることもあるにはありますが、ほとんどしません。

必要な目的=ユガミの除去を、プロの皆さんが、それぞれ安全に、時々のベストな手段でなしていく。
それが「矯正」です。

加えていうと、バキバキも、専門家が行う分には、基本的に安全です。
専門家を名乗る人は、きちんと国が認可した訓練機関で、科学的なエビデンスに基づいて教育を受けています。

で、結局、ユガミの矯正ってどういう事なの?と云うと……。

説明すると長く長くなってしまうので、誤解を恐れずにザックリと大雑把に、本当に大雑把にいうと、

関節の「働き」の調整です。

「おい、それでは説明不足だぞ!」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
あくまでも極々大雑把な「概説」ということで勘弁してください💦

関節には体の各種センサーや、筋肉の動き、血管・神経の働きなどなどが、複雑に絡み合っています。

そこをスムーズに調整することで、本来体がもっている、元気でいる、元気になる為のポテンシャルを引き出すのです。

例えば頭痛の話。

病気やケガなどの原因がなく、低気圧や家事労働などで、いちいち頭痛になって寝込んだり、現代のお薬が必要になっていたら、人類はとっくに滅んでいる(笑)、そう思いませんか?
  ↑
冗談ですよ(笑)

でも本来、皆さんのお体も、多少の気圧の変化や家事労働などは、ものともしないポテンシャルを持っているはずなのです。
もちろん、病院での治療が必要な疾患をお持ちの方は別ですよ💦

それを引き出すための手段として、「ユガミ」の除去はとても有効なのです。

「センサーが感知→神経が脳などに伝達→筋肉や血管の反応」

病気でないなら、このプロセスのどこかに問題があるのです。

そこにダイレクトに働き、複合的・包括的に調整できるからです。

それぞれ単独で行うよりも、早く、的確に元気になれます。

お悩みの方で、まだ当院へいらっしゃっていない方は、ぜひ一度お試しでご来院下さい。

また過去にご来院下さった事のある方も、一度や二度の施術で改善を諦めたり、改善後も過信をせずに、定期的なメンテナンスを欠かさない事が、また再びつらい思いをしない為の秘訣です。

どうかお気軽にご相談くださいね!

関連記事

  1. 片頭痛の施術について。練馬区 関町北からご来院の40代女性の…

  2. 肩こりでお越しの30代・女性

  3. 顎の関節と頭痛について

  4. 一週間続く肩こりと頭痛の例

  5. 逆流性食道炎などなど(頭痛も腰痛も肩こりも…)

  6. 頭痛について